注文住宅を建てる前に特徴や費用を把握しておこう

一軒家

注文住宅とは

注文住宅とは、家を建てたいと思う人が建築業者に自分の意見や希望を伝えて望みに近い家づくりをするオーダーメイドの住宅の事です。間取りだけでなく、家の外観はもちろん、耐震構造や省エネ構造、収納スペースなども自由に決める事ができるほか建材や設備なども希望のものでそろえる事が可能です。自分の好きなデザインの家に住みたい人に注文住宅はお勧めです。

間取り

注文住宅を建てるのにかかる費用

注文住宅を建てる場合に気になるのはその費用です。土地代を抜きにした平均的な130㎡の床面積での建築費用だけをご紹介すると、全国平均が3300万円前後、首都圏で3500万円前後、京都を含む地方だと3400万円前後、それ以外の地域でも3000万円前後の費用をかけているというデータがあります。下限を見ると1000万円がボーダーで、上限を見ると5000万円以上かける人も少なくありません。1000万円だと希望通りというわけにはいきませんが、3000万円クラスで希望が通る注文住宅を建てる事が可能です。

積み木

注文住宅を建てる上で気をつけること

注文住宅を建てる上で気を付ける事は「理想の家にこだわりすぎない」ことです。あれもこれもと希望を言ったら、かえって住みにくい家になってしまった、というケースもあります。素材にこだわったら予算が倍になってしまったなどのいわゆる注文住宅失敗談も少なくありません。まずは予算を決めてから希望を決める事をお勧めします。また注文住宅を依頼する業者選びも重要です。建てた後のアフターサービスもしっかりしているところを選ぶようにしてください。

[PR]
福岡にある注文住宅施工業者
理想のマイホームをGET☆

建売住宅と注文住宅って何が違うの?

建売住宅とは

注文住宅と同じように耳にするのが建売住宅です。建売住宅は一つの土地をいくつかの区画に分けて家を建て、新築の分譲住宅を土地と家のセットで販売する住宅を指します。建築した家を展示会の会場などにして実際に見てもらってから販売するケースや建設途中の段階で販売するケースなどがあります。

注文住宅とは

建売住宅と注文住宅の大きな違いは自分の意向が反映されるかどうかにあります。建売住宅はほぼ自由度がなくすでに決められた設計で建築されますが、注文住宅は自分の意見が大きく反映されます。また、建売住宅は「土地ごと」販売されますが注文住宅の場合は土地を購入してから家を建てる事になります。

優良な業者の見つけ方

京都で注文住宅を建てたいと思った時は、まず優良な業者を見つける必要があります。優良な業者をインターネットで探す場合は、まずサイトにある施工例やお客様例などの実績を確認します。その上で保証期間やアフタービスが充実しているかをチェックし、最終的には口コミなども見ておくことをお勧めします。また、問い合わせた際の電話対応なども会社の対応力を知ることができるので参考にして優良な業者を見つけてください。

注文住宅を依頼する流れ

家

まずは情報収集をする

京都で注文住宅を建てたいと思った時、まずは不動産情報誌やインターネットなどで情報収集をすることをお勧めします。ある程度知識を入れておかないと業者の人と話が合わない場合があるので注意が必要です。

予算を確認する

注文住宅を依頼する上で予算は非常に重要です。いくらまで出せるのか、それに見合った建材や素材などはいくらぐらいするかなども把握しておくとよいでしょう。

自分の建てたい理想の家をイメージする

自分の建てたい理想の注文住宅をイメージしておくのも大切です。設計時の打ち合わせの際に担当の方へスラスラ説明できるように強いビジョンを持ちましょう。

業者を選んで依頼する

注文住宅に対しての知識を仕入れ予算を組み建てたい家のビジョンができたら、京都で注文住宅を請け負ってくれる業者を選び依頼してください。

[PR]
岐阜で注文住宅を建ててもらおう
店舗探しは慎重に行なうべし!

[PR]
広島で好評な注文住宅販売店
最良の設計プランを提案してくれる!

[PR]
栃木にある注文住宅専門店を紹介!
理想の家を建てたいなら注目!